宮下製茶の歴史

宮下製茶の歩んできた道のりです。

昭和41年
宮下義信、高隈ダム建設に伴い、高隈より東原へ入植。
昭和42年
実生茶「在来」を定植。
昭和43年
ヤブキタ79a定植。
昭和44年
あさつゆ52.4a定植。
昭和44年
ゆたかみどり11.9a定植。
昭和48年
くらさわ34.7a定植。
昭和48年
やぶきた57a定植。
昭和48年
やまなみ31.8a定植。
昭和54年
茶工場を建造。
昭和58年
かなやみどり15a定植。
昭和60年
やぶきた57.7a定植。
昭和62年
やぶきた42.2a定植。
平成2年
やぶきた11.2a定植。
平成7年
大根占町(現錦江町)にゆたかみどり45a定植。
平成11年
やぶきた50a定植。
平成13年
やぶきた58.7a定植。
平成14年
かなやみどり⇒さえみどりへ改植。
平成14年
さえみどり36.6a定植。
平成18年
はるもえぎ20a定植。
平成21年
茶園5ha賃貸借契約。
平成22年
やまなみ⇒はるもえぎへ改植。
平成23年
茶工場168㎡増設
平成24年
最新型生葉洗浄施設450K→800K型へ。
平成25年
製茶ライン120K1.5ラインへ改編
平成26年
コンテナ式摘採機、生葉受入装置導入
平成28年
有機JAS認証を一部圃場にて取得
平成29年
国際GAP認証G-GAP取得
現在
11.5ha栽培中。茶工場120キロ1.5ライン